ラウンジチェア&オットマン コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

リプロダクト家具(ジェネリック家具)ホーム >ラウンジチェア&オットマン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのLCW

    LCWはイームズのチェアの代表作のひとつ、プライウッドをなめらかに加工して作った、デザイン的な見た目も、座った時の人にも優しい木製の椅子です。

    くつろぐための椅子として作られたLCW、LCMの方がDCW、DCMに比べて座面までの高さが低くなっていますし、材質的な雰囲気を楽しむならこの中でもLCWがお勧めです。

    イームズがLCWを作った当時、つまりミッドセンチュリーと呼ばれる時代では、プライウッド(合板)を3次元に大量成型する加工技術が課題とされていました。

    現在でこそ、プライウッドの成型は一般的な加工になりましたが、巨匠イームズのデザイナーズ家具が当時目標としていたデザインと工業化の実現を目指した作品ならではと言っていいでしょう。

    リプロダクト家具としても各メーカーや通販ショップなどから工夫を凝らした色々なカラーで出ていますね。

    イームズのLCWにはチェリー、ナチュラルを始めとした木目を前面に打ち出したナチュラル感のあるものと、黒、白だけでなく赤、グリーンといったカラフルなものもありますが、美しい曲線のおかげでしょうか、自然素材の雰囲気が損なわれることのないデザイナーズ家具として仕上がっています。

    深くゆっくりと掛けられて脚部まで木を使ってるLCWチェアがやはりこのシリーズの中では一番のお勧めの椅子だと思います。
    イームズlcwチェアのリプロダクト家具
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    コルビジェのソファにオットマンは必要か

    コルビジェのソファーにオットマンは必要でしょうか?

    コルビジェのlc2などのデザインと背もたれや椅子の座面の角度から考えると私はオットマンは不要ではないかと考えます。

    ラグジュアリーチェアというよりは、オフィスの打ち合わせスペースや、客間、応接間に向くのがコルビジェのlc2ソファーだと思うからです。

    特に日本の住宅では靴を脱ぐ習慣となっている生活様式なので、オフィス家具として履物を履いたシーンや場所ではまず不要だと思います。

    オットマン付きは自宅のリビングなどのリラックススペースに置くソファにするものですよね。

    ホワイトはまだしも黒となるとベンチタイプを選ぶならまだしもコルビジェのlc2にオットマンは要らないでしょう。

    そう思うのは私だけ・・・
    でも独身男性のシックやモダンなインテリアに合わせて購入するなら欲しいかもしれませんね。

    客間とリビングとが分かれているお部屋というのは日本の住宅事情を考えると多数派とは言えないので難しいところです。

    それでもコルビジェのlc2はリプロダクト家具で良いので、カッシーナでなくても欲しいですね。
    コルビジェ lc2 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    バルセロナチェア&オットマン

    バルセロナチェアもリプロダクト家具としては非常に人気のある椅子でミース・ファン・デ・ローエのデザインによる代表的なミッドセンチュリー家具の作品のチェアですね。

    バルセロナチェアではオットマンも同素材で作られており、1p、2p掛けがそれぞれあります。

    ミース・ファン・デル・ローエがデザインしたバルセロナチェアはイタリアでサッカーをしていた中田英寿選手もテレビ・コマーシャルで座っていたCM画像がありましたね。

    おしゃれでイメージを大切にしている彼が取り入れて座ったことからも、デザイナーズ家具としてのレベルの高さがうかがい知れる椅子です。

    イタリア製の本革を熟練した家具職人がボタン留めした背もたれと座面、そして独特のフォルムをもったステンレス製の脚部フレームが特徴となっています。

    リプロダクト家具としてバルセロナチェアとオットマンも各インテリア・ショップやメーカーから幅広い素材の選択肢とカラーバリエーションで販売されています。

    この椅子は座面の角度を見ても判るように、是非ともオットマンとのセットで手に入れてほしいです。

    若い世代の方や、モダンなインテリアのお部屋でも違和感のないラグジュアリーチェアとしてマッチする数少ない作品の一つだと思います。
    バルセロナチェア 黒
    バルセロナチェア 白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアとオットマン

    イームズのラウンジチェアとオットマンはプライウッドと本革を組み合わせた、イームズには珍しく高級感のあるラグジュアリーチェアの代表的な作品のひとつです。

    黒革+チェリーウッドや白革+ナチュラルカラーなどの素材色の組み合わせに人気があるようですね。

    イームズのラウンジチェアとオットマンは、どちらかと言えば男性向けのデザイナーズ家具としてのラウンジチェアで書斎等のインテリアとして似合うイメージがありますが、リプロダクト家具でなら見ることが多いホワイトなんかだと女性の部屋にも違和感が無いと思います。

    最近のはやりのオフィスチェアとはデザインの趣向が異なりますがエグぜクティブ・チェア(社長椅子?)としてイームズのラウンジチェアを家具に取り入れてみると英字新聞とかがデスクの上にあってもマッチしそうですね。

    事務作業をするには背もたれと座面の角度が寝過ぎていますので、デスクワーク用の椅子というよりは、本棚の前あたりにさりげなく置いているのが似合いそうです。

    ハーマンミラー社の本物以外にもイタリアのカッシーナをはじめ中国などからの輸入家具としても、イームズのリプロダクト家具を取り扱っているショップで色々な種類のラウンジチェアとオットマンが販売されています。
    イームズ ラウンジチェア オットマン ホワイト白
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。