イームズのCTWコーヒーテーブル コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのCTWコーヒーテーブル

    イームズのCTWコーヒーテーブルについて書いてみたいと思います。

    以前、イームズのLCWプライウッド・チェアについては書いたことがありましたので、セットになっているCTWコーヒーテーブル(持っていないけど)についてが抜けているのも片手落ちみたいなんで。

    CTWコーヒーテーブルも、LCWと同様にイームズのプライウッド加工技術により制作された木製のテーブルです。

    一見、日本のちゃぶ台???みたいな感じのシンプルな円形のコーヒーテーブルなんですが、そこはプライウッド加工のなせる技、天板面に施された微妙な円形の段差のシルエットや横から見た時の、脚部のアールなどがやはり美しさを表現しているところからもイームズらしさを感じるデザイナーズ家具です。

    もちろんCTWもリプロダクト家具が各メーカーから製作・販売されています。

    プライウッド製品に関して私が気を付けていることは、木目の出方や色目です。

    例えばCTWとLCWを買うなら、一気に同じメーカーで購入するということ。

    なぜなら、これらのような椅子やテーブルはセットで購入しないと自然の木目を使っている家具なので色目が揃わないからなんです。

    ナチュラルウッド系(例えば北欧家具などもそうですが)の家具をリプロダクトに限らず揃える場合、一度に全てを揃えないとどうしてもズレてしまうんですよね。

    ですから、イームズのTWもしくはLCWを買われるときは(もしくは後日、そろえようと思っている方は)、思い切って一度に必要な数量とアイテムを揃えて購入されることをおすすjめします。

    (ということでなかなか一気に揃えることができない私は革製品や塗装のある家具を購入することが多いんです。)
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。