イームズの椅子に コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    イームズの椅子に

    イームズの椅子には工業化とデザインの流れの中で作品の変化を感じると思います。

    初期のイームズの椅子のテーマはミッドセンチュリーの時に一般化が後押しされだしたプライウッドや合成樹脂(プラスチック)などそれまで家具に使われていなかった素材を使って、さらに大量生産に向くことを目的として作られていたように思います。

    LCWチェアやシェルチェアなどがこれにあたります。

    しかし、次第に当時の新素材へのチャレンジから、本革、プライウッド、プラスチック、金属などそれぞれの材質の部品を組み合わせてポップなデザインから高級感のある椅子へと方向性が変わってきたのではないでしょうか。

    例えばイームズのラウンジチェアとオットマンなどはラグジュアリーチェアとしての存在感と質感を出すために「本革+プライウッド+金属」といった作品になっています。

    丁度、アメリカが世界恐慌から立ち直るのにつれ、家具(特に椅子)や住宅、インテリアに対する要望の変化を的確にとらえられた作品だったということでしょうか。

    イームズの椅子のデザイン・コンセプトの作成時期による変遷を見ていると他の多くのデザイナーズ家具以上に敏感に時代の要望に応えながら作成されていたように思います。

    この様に一人の巨匠のデザイナーズ家具の歴史を時系列で見てみるのも面白い発見がありそうですね。
    イームズlcwチェアのリプロダクト家具
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。