コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    デザイナーズ家具

    デザイナーズ家具と聞いて、皆さんはどのようなインテリア・デザイナーを思い浮かべますか?

    私はこのブログのタイトルどおり、ミッドセンチュリー家具の大御所であるイームズとコルビジェが一番最初に思い浮かんで来ます。

    彼等の作品には一番アメリカが良かった時代のエネルギーと自由さを感じる方が多いのかもしれませんが、私はもっと単純に良く見たことがあるから、親しみを持っているということです。

    しかし、最近になって急に流行したデザイナーズ家具ではないので、それなりに持っている人は居るでしょうが、長い歴史の中で日本だけでなく世界中で愛用者が増えてきたソファーや椅子、テーブルなので造り込まれているが安っぽくないのがお気に入りなんです。

    ほとんどのデザイナーズ家具がオリジナルしか無くて、庶民にとって高嶺の花のような値段がするなかで、リプロダクト家具や、中古家具、輸入家具と本当に広い選択肢の中から自分の予算や目的にあわせて質の高い商品が選べるのがイームズとコルビジェを筆頭としたノグチ・イサムやジョージ・ネルソン、ミース・ファン・デ・ローエなどのミッドセンチュリー家具なんです。

    インテリアショップを隈なく探して貰えばわかると思いますが、同デザインでこれだけ色々な素材や価格帯、アレンジされた色のあるデザイナーズ家具は彼等の作品くらいでしか見当たらないと思います。

    私の中での家具はデザインと価格と実用性の三つが揃って初めて価値があるものと考えています。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサーサイト
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアのリプロダクト家具

    イームズのラウンジチェアはリプロダクト家具の中でも値段の高い椅子のひとつです。

    コルビジェのソファーなどは安いものから本物に近い価格のものまで本当に幅広い値段のものから選択できるのですが、イームズのラウンジチェアは価格帯の幅が結構狭いようです。

    この椅子の購入者層が、ソファーなどよりも限られているからだと思われますが、良い椅子なんでもっと購入時に比較、検討できるだけの種類が増えてくれるとありがたいのですが。

    インテリアショップや家具屋さんに行ってもソファーのコーナーのほうがラグジュアリーチェアより圧倒的に広いスペースで展示されていることから見ても仕方がないのかもしれませんね。

    イームズやコルビジェなどのリプロダクト家具を購入する時にソファや椅子の手入れを考えると本革にするか、pvにする方が良いか迷いますよね。

    本来ならば本革の方が高級感のおある質感や、座った時の感触もさることながら、きちんと皮張りの手入れをすれば長持ちすることは間違いないのですが、購入されたコルビやジェイームズのリプロダクト家具の使用環境や目的によっては合成皮革の方が便利で向いている場合もあると思います。

    その場合は固く絞ったタオルなどで汚れた部分を優しく擦ってあげるといった手入れで簡単にケア出来ます。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    リプロダクト家具のトラブル

    リプロダクト家具のトラブルで多いのは、やはり他のインテリア家具と同様に傷や汚れなどの問題だそうです。

    今やリプロダクト家具に限らず国内のほとんどの製品が、中国での製造となっています。

    そのため、大手のIDC大塚家具や、イケア(IKEA)、ニトリなどのインテリアショップでも、カタログ雑誌やネットなどの通販業者でも多くの品質問題が発生しているらしいです。

    家具の微傷や汚れに関しては、購入者側の感覚的な許容値が異なりますので、一概には言えませんが、個人的にはあれだけ大きなものなので配達途中や梱包などの作業中に全く出さないというのは難しいのだろうなと思います。

    そのため、運送屋さんに聞いても、やはりお客さんに文句を言われることが多いので嫌われている荷物の筆頭格だそうです。

    一旦、部屋に置いて1週間も使えば、一ヶ所や二ヶ所、出来てくるものです。

    タバコの灰を落としたり、コーヒーをこぼしたり、掃除の時に掃除機を当ててしまったりとするのも目に見えているわけですので、あまり家具屋さんや配送業者をいじめるのもどうかなと思います。

    リプロダクト家具として、せっかく本物の中古ではない新品を買ったのだからという気持ちもわかりますが。(笑)

    品質は価格の方にそのまま跳ね返ってきますので、エコロジーが全盛期の今、梱包や品質に過度に神経質にならなくても良いのではないでしょうか?

    家具のクレーム品は時にはアウトレットとして掘り出し物になってありがたい時もありますが、長い時間、無駄に倉庫で眠らせてせっかくのデザイナーズ家具がそのまま捨てられてしまうこともあるそうです。

    あまりにひどいものの場合は購入者の当然の権利ですが、リプロダクト家具を始めとするデザイナーズ家具も実用品ですので。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    ミッドセンチュリー家具2

    ミッドセンチュリー家具の良いところのひとつに、いつまでも飽きが来にくいということと、使い勝手良いということが挙げられるのではないでしょうか。

    長年、愛され続けている、プライウッドやラウンジチェアのイームズや、lc4シェーズロング、lc2ソファのコルビジェや、マシュマロソファのジョージネルソンや、ノグチテーブルのイサムノグチ、バルセロナチェアのミースファンデローエなどはミッドセンチュリー家具の代表的なインテリアデザイナーですが、デザイナーズ家具としての見た目の良さだけでなく、全て実用性面でも非常に高いレベルでの完成度があるからこそ評価されているのです。

    家具は椅子にしてもソファーにしてもテーブルも全て座る、置くなど明確な役割を持った使用目的のある生活用品です。

    ですから家具類は実用品として逃れられないデザイン的な制約の中で作られています。

    だからこそ本当に価値のあるデザイナーズ家具は少ないのです。

    ミッドセンチュリー家具にはこのインテリア家具としての美しさと快適さを併せ持ったものが数多くある本当に稀有なる存在なのです。

    リプロダクトも含め、現在にまで作り続けられているミッドセンチュリー家具は例外なくこの二つの要素を満足させているインテリアのみが残っているから、ファンが付いているのだと思います。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    ル・コルビジェのデザイン

    ル・コルビジェのデザインした日本の西洋博物館が世界遺産の登録申請を却下されてしまいました。

    最近は登録の基準が厳しくなっているそうで仕方ないそうでがミッドセンチュリー家具ファンやコルビジェを好きな方にとっては本当に残念ですね。

    コルビジェのソファやチェアなど家具に興味がある私にとっては、コルビジェのインテリアと建物の融合具合を見れる場所かなという認識だったので、そのうち行きたいと思っていたところ、建築物ののひとつです。

    もうひとつはノグチテーブル(ガラス製の天板に木製の脚部を組み合わせた代表作のコーヒーテーブル)で有名なイサム ノグチの博物館です。

    これらの日本にあるミッドセンチュリー家具のデザイナー達がインテリアだけでなく建築家であり、我々の身近にコルビジェ、イサムノグチ、イームズなどデザイナーズ家具の巨匠とされている方の作品があることに驚いていました。

    イサムノグチは日系人だから、日本にゆかりのデザインや作品があるのも、まだしもわかるのですがコルビジェやイームズも国内に作っていたんです。

    そのうち絶対に本物の彼らのミッドセンチュリー時代の作品や家具、インテリアを見に行きたいと思います。
    コルビジェ lc2 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ソファ | トラ(-) | コメ(-)

    中国製のリプロダクト家具

    リプロダクト家具のほとんどが中国からの輸入家具のようです。

    インテリアに限らず多くの製品がmade in chinaなんで、特に驚くことではないんですが、イームズやコルビジェのリプロダクト家具も例外ではなかったということですね。

    ですから、品質のレベル差が大きく、また価格にも非常に差があります。

    中には日本人の感覚では「ちょっと、何なの。この傷」とかいうものも多いそうです。

    まあ、この辺は受け取り方に個人差があるので、「この価格でこのデザインなら納得」という方の方が多いと思いますが。

    でもリプロダクト家具ならではと思える良い部分に材質やサイズ、仕様なども色々な選択肢があって、自分の好みで選べることです。

    高級感たっぷりの素材の革製椅子を選ぶことも、汚した時に拭きやすい合皮のソファーを選ぶこともできるのが良いですよね。

    予算や使用状況に合わせて選べるし、デザイナーズ家具のリプロダクト家具ならカッコいいしといった利点もいっぱいあるので、そして何といっても「安い」のが魅力です。

    私はリビングなら1週間も使えば汚れてしまうので、安いソファーを、
    書斎に置くのはちょっと贅沢に本革のラウンジチェアとオットマンを、
    といった具合に使い分けてみたいと思います。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。