コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    イームズの椅子に

    イームズの椅子には工業化とデザインの流れの中で作品の変化を感じると思います。

    初期のイームズの椅子のテーマはミッドセンチュリーの時に一般化が後押しされだしたプライウッドや合成樹脂(プラスチック)などそれまで家具に使われていなかった素材を使って、さらに大量生産に向くことを目的として作られていたように思います。

    LCWチェアやシェルチェアなどがこれにあたります。

    しかし、次第に当時の新素材へのチャレンジから、本革、プライウッド、プラスチック、金属などそれぞれの材質の部品を組み合わせてポップなデザインから高級感のある椅子へと方向性が変わってきたのではないでしょうか。

    例えばイームズのラウンジチェアとオットマンなどはラグジュアリーチェアとしての存在感と質感を出すために「本革+プライウッド+金属」といった作品になっています。

    丁度、アメリカが世界恐慌から立ち直るのにつれ、家具(特に椅子)や住宅、インテリアに対する要望の変化を的確にとらえられた作品だったということでしょうか。

    イームズの椅子のデザイン・コンセプトの作成時期による変遷を見ていると他の多くのデザイナーズ家具以上に敏感に時代の要望に応えながら作成されていたように思います。

    この様に一人の巨匠のデザイナーズ家具の歴史を時系列で見てみるのも面白い発見がありそうですね。
    イームズlcwチェアのリプロダクト家具
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサーサイト
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    コルビジェのシェーズロングlc4

    コルビジェのLC4シェーズロングのデザインは今時はやりの電動リクライニングソファと異なり、寝椅子として特化した作りになっている作品です。

    シェーズロングLC4はアーチ状になったフレームと台座で自由に角度が変えることが出来るのはもちろんですが、それよりも座面のZ字(S字?)状のラインが非常に快適な座り・寝心地を生みだすための計算された形になっているんです。

    きちんとヘッドレスト(枕)も付いているのでTVを見たり読書をしたり、お昼寝や、リラックスタイムを満喫するために作られた寝椅子なんですね。

    シェーズロングLC4もコルビジェがデザインした他の作品と同様にリプロダクト家具が現在でも多く作られて世界中で愛用されています。

    日本の住宅事情やインテリアへの考え方からすると目的やスペース的に万人受けするチェアではありませんが、家具屋さんやインテリアショップなどで見かけたら、だまされたと思って一度、実際に横になって寝てみてください。

    シンプルながら人間工学に基づいて考えつくさられた独特のフォルムは「本当に快適な寝椅子とはこれのことか!」と感嘆せずにはいられないでしょう。

    コルビジェのシェーズロングLC4は電動ソファでは感じられないデザイン性の高さももちろん寝椅子としての重要なポイントのひとつです。
    コルビジェのシェーズロングLC4の黒(寝椅子)
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    寝椅子 | トラ(-) | コメ(-)

    輸入家具の

    リプロダクト家具とレプリカの家具、コピー品などとのそれぞれとの違いとは、一体何でしょうか?

    リプロダクト家具は、デザイナーやメーカーの版権が切れたモノを作製することですので、法的にも問題ない製品です。

    一方、家具だけに関わらずコピー品は権利関係を無視した中で作られていますので著作権や意匠登録などの点でもダメですね。

    今やインテリア関係の多くが中国製の輸入家具になっています。(良くも悪くもという意味でです。)

    一昔前と異なり、職人の技術はかなり上がっていますので問題なく使用できるのですが、これもインテリア専門のバイヤーがデザインや仕様、品質などについてきちんとプロの目で目利きをしている場合にのみ言えることです。

    また、輸入家具は品質だけでなく個人では判りにくい部分も色々とあるのです。

    ですから、個人で安く輸入家具を買うというのも良い方法のひとつだとは思いますが、コピーやレプリカの場合、最悪のケースではお金は払ったけど、リプロダクト家具のようにきちんと意匠権が切れているもの以外のデザイナーズ家具などでは税関で商品を止められて手元に届かない可能性もあります。

    また、オーダー家具なら仕方ありませんが、数量が少ない場合輸送コストが思ったよりも割高に付いてしまいます。

    輸入家具はそういった意味でもコルビジェやイームズなどのリプロダクト家具をショップで買うことの方が安心と安くあげることになる場合が多いでしょう。

    実際に現地に見に行って、買い付けに行ける方で、送料とかを気にされない、
    そしてコピーやレプリカの問題が無いかを確認出来ているならならデザイナーズ家具の個人輸入もアリだと思いますが、結構難しいでしょうね。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    家具の搬入路と組み立て式

    イームズやコルビジェなどのリプロダクト家具で自分の目的や予算に合ったラウンジチェアやソファが見つかった時に購入する前にチェックしてほしいのが玄関や置こうとしているお部屋の入口、エレベーターの大きさを確認することです。

    当然の如くせっかく買っても入らなければ困りますよね。

    私は以前バルセロナチェアとオットマンのセットのリプロダクトを通販で買った際に入口から入らなかったことがあります。

    その時に住んでいた部屋が小さかったのは事実ですが日本の普通の家の場合、約90cmくらいが入口の広さになります。

    バルセロナチェアの場合、箱から出して入れることが出来ましたが、ソファやテーブル、ベッドなどの大型家具で組立式になっていない場合は特に注意が必要です。

    組立式の家具を敬遠される方もおられるようですが搬入を考えるとこちらの方が住宅事情に合っている場合も多いと思います。

    家具屋さんが2人以上で直接運んでくれる場合は良いですが、運送会社がはこぶばあいなどは入口渡しの場合も多いので気をつけてくださいね。

    2階の窓からの搬入とか、一旦、購入した家具を分解してお部屋に運んでからまた組み立てるといったことになると大変ですし、余計な費用が掛かってしまいます。

    当たり前のことですが、家具屋さんは皆さんのお家の作りや入口の広さまでは判りませんので、玄関渡しとしている通販ショップが多いのもそのためです。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    ル・コルビジェのソファの比較

    ル・コルビジェのソファやミース・ファン・デル・ローエ、ブロイヤーなどの椅子のようなハーマンミラー社の皮やメタル、マホガニーなど高級な素材感のある応接セットは企業の重役室や応接間など豪華で広い契約室などの部屋に置かれているイメージが強かった家具のようです。

    エグゼクティブで落ち着いたビジネスライクな雰囲気のあるソファーセットや応接セット、社長室などのインテリア用品ということですね。

    コルビジェのLC2などのソファに代表されるような黒革とスチール・フレームのソファのデザインの作品なんかを思い浮かべてみると判ると思います。

    今ではハーマンミラーやカッシーナのような高級品ばかりでなく、合成皮革製のリプロダクト家具などで安価なデザイナーズ家具ものも多数ありますので、数年前に比べて個人宅やモダン・モノトーン調の部屋などにインテリアのひとつとして気軽に購入することができるようになってきました。

    コルビジェのソファー(LC2など)を筆頭に、本物のサイズや本革、クロームメッキなど素材を限りなく忠実に再現したものから合成皮革を使ったりクッション材を廉価なものを取り入れて価格を抑えたもの、新素材を使って機能性をアップさせたものなど、逆に現在のインテリア、住宅事情に合わせて改良されたものなどリプロダクト製品では幅広い選択肢の中からご自分の予算や使用目的にあった一品が選べるようになってきました。

    しかし、中にはリプロダクト家具とは到底呼べないような粗悪な材質を使ったりや製法をしたレプリカ品やコピー品などもありますので注意が必要です。

    ル・コルビジェのソファなどのリプロダクトを選ぶ際はショップごとに品質や素材に違いがありますので、色々なショップを比較して素材や価格を見てから買うようにしましょう。

    価格だけにとらわれていると、「こんなはずじゃなかったのに」みたいなことになるかもしれませんよ。
    コルビジェ lc2 白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ソファ | トラ(-) | コメ(-)

    イームズの椅子

    イームズ夫妻(チャールズとレイ)は`50年代の代表的な家具デザイナーですが、彼らが最初に手掛けたのはロッキングチェアを友人の赤ちゃんのために作ったことから始ったといわれています。

    アウトドアでも使えるアルミ製の椅子が好評でハーマンミラー社の家具を製作するようになり、数多くの名作・名品を作りだして世界中に認められるきっかけとなったのです。。

    イームズのデザインは洗練されたデザインと大量生産できることをポリシーとしてLCWなどのプライウッドチェアや組み合わせて作られたラウンジチェア、ファイバーグラスを使ったシェルチェアなどがあります。

    これらの椅子は今でもリプロダクト家具としてハーマンミラーやカッシーナを始め色々なリプロダクト家具メーカーで作り続けられています。

    この様なアメリカのカリフォルニアを中心として活躍したイームズやジョージ・ネルソン、日系のイサム・ノグチ・・・といった面々はコンテンポラリー家具デザイナーと呼ばれることもあります。

    また以前にも書きましたがソファやチェアといった椅子で革新的な作品が多数できた理由の一つとして当時のアメリカの繁栄によって「リビングでリラックスできる椅子でくつろぐ」という生活スタイルが広がりだしたことが挙げられます。

    一般市民がイームズやジョージネルソンといった個性的なデザイナーズ家具を自分の好みに合わせて選択して、色々な価格帯で購入できる時代になってきたのです。

    イームズの「デザイン性が高く、新素材を使った大量生産できる椅子」というコンセプトがまさしく受け入れられやすい状況だったのでしょう。

    このリビングに対するインテリアの流れが現在に至るまで脈々と継続したライフスタイルとして、家づくりや内装デザインとそこに置かれる家具類にまで受け継がれているのです。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    ミッドセンチュリー家具

    イームズやコルビジェ、ネルソンなどリプロダクト家具として取り上げられることが多いミッドセンチュリー家具の時代をデザインの上では「グッド・デザイン」の時代と呼ばれたりします。

    バウハウス達の思いをニューヨーク近代美術館、ロンドンのデザイン・カウンシル、ウルムの造形大学などを中心に人間工学などを取り入れた機能的を考えた家具や建築のデザインの潮流となっていったようです。

    この中でアメリカではイームズなどの現在では圧倒的な知名度を誇るミッドセンチュリー家具を代表するデザイナーがMoMAのディスプレーを担当することから頭角を現してきたんですね。

    イームズのほか、コルビジェやジョージネルソンなどを抱えたハーマンミラー社も同様にこのミッドセンチュリー家具を代表する家具メーカーとして有名になり、今もなお彼らの作品の製作と販売を続けています。

    日本の松坂屋でも1955年にグッド・デザイン・コーナーが出来たり、国立近代美術館でも1957年に二十世紀デザイン展が開かれたりと世界的な影響を与えていたようです。

    この様な背景の中で今も多くのファンを持つ、イームズのラウンジチェアやLCWなどのプライウッドチェア、コルビジェのlc2ソファやシェーズロング、バルセロナチェア、イサムノグチのコーヒーテーブル、ネルソンのマシュマロソファーなど、グッドデザインの時代を象徴するような数々の名品と呼ばれ今なお人気の高いミッドセンチュリー家具が生まれてきたのです。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    ソファ、チェアの時代

    コルビジェのソファやイームズのチェアなどミッドセンチュリーのリプロダクト家具で思い浮かぶのには椅子が多いのではないでしょうか。

    キャラ・グリーンバーグが「1950年代の家具」で取り上げているものには
  • アルネヤコブセンのアント・チェア
  • イームズのプラスティックとスチールのチェア
  • ジョージネルソンのココナット・チェア
  • オスワルド・ボルサーニのテクノ・チェア

  • など全てソファやチェアなど椅子なんですね。

    これらを見てハーマンミラー社やノル社といった家具メーカーとそれを支えた伝説的な家具デザイナーのイームズやコルビジェ、ジョージ・ネルソンとともに納得できるものでしょう。

    また、これらの椅子にはエッグチェア、ダイアモンド・チェア、アント、チューリップ・・・などのように我々も良く聞いたことがあるニックネームが付けられていることからもこれらのリプロダクト家具が現在でも作り続けられていたり、根強いファンを生むとともに現代のインテリアのデザインにまで強い影響を与えていることが分かります。

    インテリア家具のデザインは「椅子、チェア、ソファーの時代」と呼ばれるのも納得できるほど、多くの個性的な作品や、誰もが知っている認められた名作のオンパレードですね。

    このようなことからコルビジェやイームズをはじめ多くの近代インテリアデザイナー達は、こぞって独創性のある、実用性のあるなどそれぞれの目的をもった椅子を作ってきたのでしょう。

    ミッドセンチュリー、グッドデザインの時代と呼ばれ、デザイナーと家具が最も世界的に評価を受けられやすかったこともあったとは思いますが、それらの多くがソファやチェアなどの椅子だったということは新たな発見ですね。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    バルセロナチェアのこんな使い方

    バルセロナチェアは一人掛けしかないと思っている方も多いかも知れませんが二人掛けもあります。

    模様替えや引越しをよくされる方や重厚なソファは要らないけどインテリアとしてのデザイン性が高く色々と組み合わせによって使いまわしをしたい方にはバルセロナチェアの2pと1pを必要な個数揃えてセットものにしてしまうことを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

    ホワイト(白色)のバルセロナチェアなら女性のお部屋やリビングなんかでもコーディネートしやすいです。

    また元々シンプルで細身のステンレスフレームとデザインされたむき出しのベルトを使った椅子ですから軽いのですが、さらにクッション部と脚部が全て分解できる軽さも良いですね。

    シンプルを極めている、でも安っぽく見えないのが、このチェアの特徴のひとつではないでしょうか。

    バルセロナチェアを始めデザイナーズ家具のリプロダクトならブランドのバッグ等と同様に飽きが来ず、来客や友人など自分の部屋(家)に遊びにきた他人に見せても恥ずかしくありません。

    またオットマンもありますのでリクライニングのソファとしても利用することが出来ます。

    わざと色を揃えずにバルセロナチェアのホワイト(白色)とブラック(黒色)をペアでオットマンとセットで揃えたりしても一人暮らしや新婚さんカップルのお部屋にも良いでしょう。

    アームフォルダーが無いのでバルセロナチェアは1p、2pを上手に組み合わせれば幅広いコーディネートができるおしゃれなソファ・セットや応接セットになります。
    バルセロナチェア 白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    コルビジェ・LC4、シェーズロング

    コルビジェ・LC4、シェーズロングも彼の作品のファンなら是非とも欲しい寝椅子の一つですね。

    シェーズロング・LC4はル・コルビジェによるシートの角度を調整できるラグジュアリー感一杯の寝椅子です。

    黒、白などを代表色にシンプルな本革張りや合成皮革製のものと、カウスキン(まだら模様の毛皮、本革とフェイクがあります)を使ったものがありますが、どちらともシンプルな構造のフレーム・デザインをスチールを使って表現した実用品のリラックスチェアとしても完成度の高いインテリアです。

    最近のソファーとかに多い電動や特殊な構造による変形でリクライニングする椅子と異なりシンプルなデザインにリクライニング機能が付いた所が良いですね。

    特に機械的な要素をもっているような椅子ではないのですが好みに合わせて無段階で自由自在に角度を変えて、快適なポジションで寝ころぶ?座る?ことが出来ます。

    コルビジェのシェーズロングLC4がマッチする部屋が無いのが残念なのですが・・・

    リプロダクト家具としてもリクライニングチェアや寝椅子として人気ランキングに必ず登場していますので比較してみてください。

    コルビジェのシェーズロングLC4の黒(寝椅子)
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ソファ | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアの雑学

    イームズのラウンジチェアとオットマンの座面と背もたれは、実は全て同じ大きさのクッションを部品として作られています。

    当初、イームズは組み立て式でラウンジチェアを作っていたので互換性を考えていたんですね。

    家具の工業化を考えていた当時の時代の要求と、イームズのデザインの方向性や考え方をこのラウンジチェアでもクッションの共用やプライウッドの使用という点でちゃんと継承されていたんですね。

    高級感があるラグジュアリー感たっぷりのエグゼクティブ・チェアでも、彼が作ると、プライウッドと本革を合わせたところなんかではイームズらしいデザインの椅子だと言えるでしょう。

    リプロダクト家具以外でもイームズのラウンジチェアを模倣したデザインの椅子も多く出ていることから普遍性を持った合理的な美しさの基準のチェアとなっているものでしょう。

    オリジナルではローズウッド材を使用していましたが環境への配慮からウォールナットやチェリー材が使用されるようになっています。

    ハイグレードなラウンジチェアとオットマンとして探している方にはイームズはおススメですね。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
    イームズ ラウンジチェア オットマン ホワイト白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのLCW

    LCWはイームズのチェアの代表作のひとつ、プライウッドをなめらかに加工して作った、デザイン的な見た目も、座った時の人にも優しい木製の椅子です。

    くつろぐための椅子として作られたLCW、LCMの方がDCW、DCMに比べて座面までの高さが低くなっていますし、材質的な雰囲気を楽しむならこの中でもLCWがお勧めです。

    イームズがLCWを作った当時、つまりミッドセンチュリーと呼ばれる時代では、プライウッド(合板)を3次元に大量成型する加工技術が課題とされていました。

    現在でこそ、プライウッドの成型は一般的な加工になりましたが、巨匠イームズのデザイナーズ家具が当時目標としていたデザインと工業化の実現を目指した作品ならではと言っていいでしょう。

    リプロダクト家具としても各メーカーや通販ショップなどから工夫を凝らした色々なカラーで出ていますね。

    イームズのLCWにはチェリー、ナチュラルを始めとした木目を前面に打ち出したナチュラル感のあるものと、黒、白だけでなく赤、グリーンといったカラフルなものもありますが、美しい曲線のおかげでしょうか、自然素材の雰囲気が損なわれることのないデザイナーズ家具として仕上がっています。

    深くゆっくりと掛けられて脚部まで木を使ってるLCWチェアがやはりこのシリーズの中では一番のお勧めの椅子だと思います。
    イームズlcwチェアのリプロダクト家具
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    コルビジェのソファにオットマンは必要か

    コルビジェのソファーにオットマンは必要でしょうか?

    コルビジェのlc2などのデザインと背もたれや椅子の座面の角度から考えると私はオットマンは不要ではないかと考えます。

    ラグジュアリーチェアというよりは、オフィスの打ち合わせスペースや、客間、応接間に向くのがコルビジェのlc2ソファーだと思うからです。

    特に日本の住宅では靴を脱ぐ習慣となっている生活様式なので、オフィス家具として履物を履いたシーンや場所ではまず不要だと思います。

    オットマン付きは自宅のリビングなどのリラックススペースに置くソファにするものですよね。

    ホワイトはまだしも黒となるとベンチタイプを選ぶならまだしもコルビジェのlc2にオットマンは要らないでしょう。

    そう思うのは私だけ・・・
    でも独身男性のシックやモダンなインテリアに合わせて購入するなら欲しいかもしれませんね。

    客間とリビングとが分かれているお部屋というのは日本の住宅事情を考えると多数派とは言えないので難しいところです。

    それでもコルビジェのlc2はリプロダクト家具で良いので、カッシーナでなくても欲しいですね。
    コルビジェ lc2 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。