コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    リプロダクト家具の生産国

    デザイナーズ家具のリプロダクト製品の大部分が中国で製造されていますが、一部、日本をはじめヨーロッパ、アメリカなどでも作られています。

    私個人としてはリプロダクトのソファーなどの品質だけ見ると、仕上げや全体的な評価としては日本製が良いように思います。

    革製品(総革張りのソファーなど)に関しては、好みは分かれますがイタリア製の家具が質感的には優れていますが、日本人の好み(細かい部分の品質や仕上げ、アフターケアなど)を考えますとやはり国産になるのかな~という感じです。

    但し、やはり価格の問題ですね。中国製の3倍~5倍程度の製品が多いんです。(汗)

    コルビジェ、イームズ、ジョージネルソン、イサムノグチ・・・・・
    バルセロナチェア、LC2ソファ、ノグチテーブル、イームズのラウンジチェアなどで価格調査をしましたが、大体、どのオークションやデザイナーズ家具屋のネットショップでもそんなところでした。

    本来なら、本物が欲しいところですが、現物を見て傷み具合やコンディションを確認した上で、後々のメンテナンスや修理を考えると、とてもじゃないが予算を超えてしまうんですよね。

    中古家具は結構、後々、手間と費用が掛かります。

    そこで、リプロダクト家具の新品という選択肢になってしまいます。
    (カッシーナとかも良いのですが、この会社も将来的な部分で不安感もありますし。笑)
    ちなみにカッシーナのイタリア本国のサイトでは一切、家具の値段が掲載されていませんでした。(言葉が良くわからないので多分ですが)

    ほとんど全てがオーダー注文ということでしょう。

    自分で好みの皮や生地を選んでフルオーダーで作成してもらい、約3か月後~手元に届くというスタイルのようです。

    高額な買い物ですので、ネットで注文というわけにはいきませんね。

    実際に行って好きなデザイナーのリプロダクト家具を一式揃える気で選んで購入する方向きだと思いました。

    それならカッシーナジャパンで買うより、渡航費を払っても納得できるものが安く買えるそうです。

    まあ、私はまだまだ中国製のコルビジェやイームズの質の良いものを探して買うことになりそうですね。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサーサイト
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアのサイズ

    イームズのラウンジチェアのカタログでの各寸法(サイズ)は、およそ幅:83cm、奥行き:84cm、高さ:82cm、座面高さ:39cm、オットマンは幅:64cm、奥行き:53cm、高さ:43cmとされています。

    インテリアとしての雰囲気が社長椅子見たいなデザインに見えることと、一人掛けのラグジュアリーチェアを使用する習慣が日本では少ないことから、イームずのラウンジチェアをデスクワークに使いたいと考えている方も多いようです。

    しかし私の知る限り、イームズのラウンジチェアとオットマンはリプロダクト(ジェネリック)家具、本物(オリジナル)ともに椅子の高さ調整は出来ません。
    (中には出来る機能を付けたものを作っているメーカーがあるかもしれませんが)

    ですからやはりデスクワーク用の椅子としては机と自分の体格などの調整をして仕事のしやすい姿勢を作るのは難しいチェアだと思います。

    また、背もたれ・座面の角度がかなり後ろ向きに傾斜していることも前傾姿勢が必要な事務作業には向いていないでしょう。

    イームズのラウンジチェアはオットマンがあることからも判るように、あくまでもラグジュアリーチェアとしてゆったりと読書をしたり、音楽を聴いたりする時に座るためのインテリア家具になります。

    住宅事情の違いもさることながら一般的に良く言われることですが、椅子の文化の浅い我々と異なり、椅子文化の発達した国では目的に合わせて一番快適に座れるように細かくシーン分けされて作られていますね。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアのリプロダクト家具

    イームズのラウンジチェアはリプロダクト家具の中でも値段の高い椅子のひとつです。

    コルビジェのソファーなどは安いものから本物に近い価格のものまで本当に幅広い値段のものから選択できるのですが、イームズのラウンジチェアは価格帯の幅が結構狭いようです。

    この椅子の購入者層が、ソファーなどよりも限られているからだと思われますが、良い椅子なんでもっと購入時に比較、検討できるだけの種類が増えてくれるとありがたいのですが。

    インテリアショップや家具屋さんに行ってもソファーのコーナーのほうがラグジュアリーチェアより圧倒的に広いスペースで展示されていることから見ても仕方がないのかもしれませんね。

    イームズやコルビジェなどのリプロダクト家具を購入する時にソファや椅子の手入れを考えると本革にするか、pvにする方が良いか迷いますよね。

    本来ならば本革の方が高級感のおある質感や、座った時の感触もさることながら、きちんと皮張りの手入れをすれば長持ちすることは間違いないのですが、購入されたコルビやジェイームズのリプロダクト家具の使用環境や目的によっては合成皮革の方が便利で向いている場合もあると思います。

    その場合は固く絞ったタオルなどで汚れた部分を優しく擦ってあげるといった手入れで簡単にケア出来ます。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアの雑学

    イームズのラウンジチェアとオットマンの座面と背もたれは、実は全て同じ大きさのクッションを部品として作られています。

    当初、イームズは組み立て式でラウンジチェアを作っていたので互換性を考えていたんですね。

    家具の工業化を考えていた当時の時代の要求と、イームズのデザインの方向性や考え方をこのラウンジチェアでもクッションの共用やプライウッドの使用という点でちゃんと継承されていたんですね。

    高級感があるラグジュアリー感たっぷりのエグゼクティブ・チェアでも、彼が作ると、プライウッドと本革を合わせたところなんかではイームズらしいデザインの椅子だと言えるでしょう。

    リプロダクト家具以外でもイームズのラウンジチェアを模倣したデザインの椅子も多く出ていることから普遍性を持った合理的な美しさの基準のチェアとなっているものでしょう。

    オリジナルではローズウッド材を使用していましたが環境への配慮からウォールナットやチェリー材が使用されるようになっています。

    ハイグレードなラウンジチェアとオットマンとして探している方にはイームズはおススメですね。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
    イームズ ラウンジチェア オットマン ホワイト白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアとオットマン

    イームズのラウンジチェアとオットマンはプライウッドと本革を組み合わせた、イームズには珍しく高級感のあるラグジュアリーチェアの代表的な作品のひとつです。

    黒革+チェリーウッドや白革+ナチュラルカラーなどの素材色の組み合わせに人気があるようですね。

    イームズのラウンジチェアとオットマンは、どちらかと言えば男性向けのデザイナーズ家具としてのラウンジチェアで書斎等のインテリアとして似合うイメージがありますが、リプロダクト家具でなら見ることが多いホワイトなんかだと女性の部屋にも違和感が無いと思います。

    最近のはやりのオフィスチェアとはデザインの趣向が異なりますがエグぜクティブ・チェア(社長椅子?)としてイームズのラウンジチェアを家具に取り入れてみると英字新聞とかがデスクの上にあってもマッチしそうですね。

    事務作業をするには背もたれと座面の角度が寝過ぎていますので、デスクワーク用の椅子というよりは、本棚の前あたりにさりげなく置いているのが似合いそうです。

    ハーマンミラー社の本物以外にもイタリアのカッシーナをはじめ中国などからの輸入家具としても、イームズのリプロダクト家具を取り扱っているショップで色々な種類のラウンジチェアとオットマンが販売されています。
    イームズ ラウンジチェア オットマン ホワイト白
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。