コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    リプロダクト家具の生産国

    デザイナーズ家具のリプロダクト製品の大部分が中国で製造されていますが、一部、日本をはじめヨーロッパ、アメリカなどでも作られています。

    私個人としてはリプロダクトのソファーなどの品質だけ見ると、仕上げや全体的な評価としては日本製が良いように思います。

    革製品(総革張りのソファーなど)に関しては、好みは分かれますがイタリア製の家具が質感的には優れていますが、日本人の好み(細かい部分の品質や仕上げ、アフターケアなど)を考えますとやはり国産になるのかな~という感じです。

    但し、やはり価格の問題ですね。中国製の3倍~5倍程度の製品が多いんです。(汗)

    コルビジェ、イームズ、ジョージネルソン、イサムノグチ・・・・・
    バルセロナチェア、LC2ソファ、ノグチテーブル、イームズのラウンジチェアなどで価格調査をしましたが、大体、どのオークションやデザイナーズ家具屋のネットショップでもそんなところでした。

    本来なら、本物が欲しいところですが、現物を見て傷み具合やコンディションを確認した上で、後々のメンテナンスや修理を考えると、とてもじゃないが予算を超えてしまうんですよね。

    中古家具は結構、後々、手間と費用が掛かります。

    そこで、リプロダクト家具の新品という選択肢になってしまいます。
    (カッシーナとかも良いのですが、この会社も将来的な部分で不安感もありますし。笑)
    ちなみにカッシーナのイタリア本国のサイトでは一切、家具の値段が掲載されていませんでした。(言葉が良くわからないので多分ですが)

    ほとんど全てがオーダー注文ということでしょう。

    自分で好みの皮や生地を選んでフルオーダーで作成してもらい、約3か月後~手元に届くというスタイルのようです。

    高額な買い物ですので、ネットで注文というわけにはいきませんね。

    実際に行って好きなデザイナーのリプロダクト家具を一式揃える気で選んで購入する方向きだと思いました。

    それならカッシーナジャパンで買うより、渡航費を払っても納得できるものが安く買えるそうです。

    まあ、私はまだまだ中国製のコルビジェやイームズの質の良いものを探して買うことになりそうですね。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサーサイト
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    家具の搬入路と組み立て式

    イームズやコルビジェなどのリプロダクト家具で自分の目的や予算に合ったラウンジチェアやソファが見つかった時に購入する前にチェックしてほしいのが玄関や置こうとしているお部屋の入口、エレベーターの大きさを確認することです。

    当然の如くせっかく買っても入らなければ困りますよね。

    私は以前バルセロナチェアとオットマンのセットのリプロダクトを通販で買った際に入口から入らなかったことがあります。

    その時に住んでいた部屋が小さかったのは事実ですが日本の普通の家の場合、約90cmくらいが入口の広さになります。

    バルセロナチェアの場合、箱から出して入れることが出来ましたが、ソファやテーブル、ベッドなどの大型家具で組立式になっていない場合は特に注意が必要です。

    組立式の家具を敬遠される方もおられるようですが搬入を考えるとこちらの方が住宅事情に合っている場合も多いと思います。

    家具屋さんが2人以上で直接運んでくれる場合は良いですが、運送会社がはこぶばあいなどは入口渡しの場合も多いので気をつけてくださいね。

    2階の窓からの搬入とか、一旦、購入した家具を分解してお部屋に運んでからまた組み立てるといったことになると大変ですし、余計な費用が掛かってしまいます。

    当たり前のことですが、家具屋さんは皆さんのお家の作りや入口の広さまでは判りませんので、玄関渡しとしている通販ショップが多いのもそのためです。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    ル・コルビジェのソファの比較

    ル・コルビジェのソファやミース・ファン・デル・ローエ、ブロイヤーなどの椅子のようなハーマンミラー社の皮やメタル、マホガニーなど高級な素材感のある応接セットは企業の重役室や応接間など豪華で広い契約室などの部屋に置かれているイメージが強かった家具のようです。

    エグゼクティブで落ち着いたビジネスライクな雰囲気のあるソファーセットや応接セット、社長室などのインテリア用品ということですね。

    コルビジェのLC2などのソファに代表されるような黒革とスチール・フレームのソファのデザインの作品なんかを思い浮かべてみると判ると思います。

    今ではハーマンミラーやカッシーナのような高級品ばかりでなく、合成皮革製のリプロダクト家具などで安価なデザイナーズ家具ものも多数ありますので、数年前に比べて個人宅やモダン・モノトーン調の部屋などにインテリアのひとつとして気軽に購入することができるようになってきました。

    コルビジェのソファー(LC2など)を筆頭に、本物のサイズや本革、クロームメッキなど素材を限りなく忠実に再現したものから合成皮革を使ったりクッション材を廉価なものを取り入れて価格を抑えたもの、新素材を使って機能性をアップさせたものなど、逆に現在のインテリア、住宅事情に合わせて改良されたものなどリプロダクト製品では幅広い選択肢の中からご自分の予算や使用目的にあった一品が選べるようになってきました。

    しかし、中にはリプロダクト家具とは到底呼べないような粗悪な材質を使ったりや製法をしたレプリカ品やコピー品などもありますので注意が必要です。

    ル・コルビジェのソファなどのリプロダクトを選ぶ際はショップごとに品質や素材に違いがありますので、色々なショップを比較して素材や価格を見てから買うようにしましょう。

    価格だけにとらわれていると、「こんなはずじゃなかったのに」みたいなことになるかもしれませんよ。
    コルビジェ lc2 白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ソファ | トラ(-) | コメ(-)

    ソファ、チェアの時代

    コルビジェのソファやイームズのチェアなどミッドセンチュリーのリプロダクト家具で思い浮かぶのには椅子が多いのではないでしょうか。

    キャラ・グリーンバーグが「1950年代の家具」で取り上げているものには
  • アルネヤコブセンのアント・チェア
  • イームズのプラスティックとスチールのチェア
  • ジョージネルソンのココナット・チェア
  • オスワルド・ボルサーニのテクノ・チェア

  • など全てソファやチェアなど椅子なんですね。

    これらを見てハーマンミラー社やノル社といった家具メーカーとそれを支えた伝説的な家具デザイナーのイームズやコルビジェ、ジョージ・ネルソンとともに納得できるものでしょう。

    また、これらの椅子にはエッグチェア、ダイアモンド・チェア、アント、チューリップ・・・などのように我々も良く聞いたことがあるニックネームが付けられていることからもこれらのリプロダクト家具が現在でも作り続けられていたり、根強いファンを生むとともに現代のインテリアのデザインにまで強い影響を与えていることが分かります。

    インテリア家具のデザインは「椅子、チェア、ソファーの時代」と呼ばれるのも納得できるほど、多くの個性的な作品や、誰もが知っている認められた名作のオンパレードですね。

    このようなことからコルビジェやイームズをはじめ多くの近代インテリアデザイナー達は、こぞって独創性のある、実用性のあるなどそれぞれの目的をもった椅子を作ってきたのでしょう。

    ミッドセンチュリー、グッドデザインの時代と呼ばれ、デザイナーと家具が最も世界的に評価を受けられやすかったこともあったとは思いますが、それらの多くがソファやチェアなどの椅子だったということは新たな発見ですね。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    バルセロナチェアのこんな使い方

    バルセロナチェアは一人掛けしかないと思っている方も多いかも知れませんが二人掛けもあります。

    模様替えや引越しをよくされる方や重厚なソファは要らないけどインテリアとしてのデザイン性が高く色々と組み合わせによって使いまわしをしたい方にはバルセロナチェアの2pと1pを必要な個数揃えてセットものにしてしまうことを検討してみるのも良いのではないでしょうか。

    ホワイト(白色)のバルセロナチェアなら女性のお部屋やリビングなんかでもコーディネートしやすいです。

    また元々シンプルで細身のステンレスフレームとデザインされたむき出しのベルトを使った椅子ですから軽いのですが、さらにクッション部と脚部が全て分解できる軽さも良いですね。

    シンプルを極めている、でも安っぽく見えないのが、このチェアの特徴のひとつではないでしょうか。

    バルセロナチェアを始めデザイナーズ家具のリプロダクトならブランドのバッグ等と同様に飽きが来ず、来客や友人など自分の部屋(家)に遊びにきた他人に見せても恥ずかしくありません。

    またオットマンもありますのでリクライニングのソファとしても利用することが出来ます。

    わざと色を揃えずにバルセロナチェアのホワイト(白色)とブラック(黒色)をペアでオットマンとセットで揃えたりしても一人暮らしや新婚さんカップルのお部屋にも良いでしょう。

    アームフォルダーが無いのでバルセロナチェアは1p、2pを上手に組み合わせれば幅広いコーディネートができるおしゃれなソファ・セットや応接セットになります。
    バルセロナチェア 白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    コルビジェのlc2ソファ

    コルビジェのlc2ソファのリプロダクト家具には1p、2p、3pがオリジナル・デザインと同様に製造されています。

    本物と同じくイタリア製の本革とステンレスフレームを使用したものから、合製皮革やスチールフレームを使用したものまで様々な材質や価格帯のコルビジェのlc2が家具メーカーやネットショップなど様々な家具屋さんで販売されています。

    黒(ブラック)、白(ホワイト)をはじめ赤、ベージュなどオリジナル以外の色もあり、コルビジェlc2ソファのリプロダクト人気の高さがこれらの材質・カラーなどの種類の多さからもうかがい知れますね。

    このソファの日本の建築物と相性が良いと思える最大の特徴は、マンションサイズにぴったりな大きさのコルビジェのlc2はオフィスや自宅使用を選ばないのでミッドセンチュリー家具の中でも日本で最もファンの多いソファーのひとつと言えるでしょう。

    角ばったシンプルフォルムが、余分なスペースの少ない我々の住宅事情に合います。

    またシンプルなデザインのlc2はインテリアとの調和性も高くどんなコーヒーテーブルと合わせてもお部屋のイメージを崩さずにコーディネイト出来るでしょう。

    床や壁やその他のファブリックと合わせたlc2を皆さんのイメージに合わせて選ぶと良いでしょう。
    コルビジェ lc2 黒
    コルビジェ lc2 白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ソファ | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。