コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    円高還元?デフレ?

    コルビジェlc2やイームズなどのリプロダクト家具もニトリやイケア(IKEA)など中国からの格安輸入家具店のブームに影響されて?か、値下がりしているネットショップさんが多くなってきましたね。

    もうすぐ所謂、引っ越しの季節です。

    コルビジェやイームズなどの取り扱いのあるリプロダクト家具屋さんも稼ぎ時なんでしょう。笑

    カッシーナなどのイタリア家具や、本物の中古家具は判りませんが、デザイナーズ家具のほとんどがメイドイン・チャイナで製造されています。

    日本製のコルビジェやイームズ、ジョージ・ネルソンやイサム・ノグチは本当に少量ですので、今後、世界的に多量に販売されることも無いと思われます。

    そこで、今、ネット通販(ネットショップやネットオークション)、町の家具屋さんで販売されている、これらのリプロダクト家具ですが、値上がりしてくる可能性があります。

    日本のデフレは進んでいますが、今後は品質を犠牲にしたものになるでしょう。

    デザイナーズ家具は使用する材料(木製品、皮革製品など)価格の高騰が予想されますし、そもそも製造工程で手作業が多いため、これまでのような中国の安い工賃で作るという仕組みが壊れてくるからです。

    あくまでも私見ですが、中国国内の人件費の高騰や、今年中に中国元の切り上げが行われるといった現状からみると、今が価格の底値の時期ではないかと考えています。

    つまり、コルビジェやイームズなどのリプロダクト家具を購入するなら、
    品質が維持されていて、価格が安いのは今ではないか、買い時ではないかと思っています。

    リプロダクト家具も日本の景気や世界経済の波に飲み込まれているようです。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサーサイト
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    ル・コルビジェのソファの比較

    ル・コルビジェのソファやミース・ファン・デル・ローエ、ブロイヤーなどの椅子のようなハーマンミラー社の皮やメタル、マホガニーなど高級な素材感のある応接セットは企業の重役室や応接間など豪華で広い契約室などの部屋に置かれているイメージが強かった家具のようです。

    エグゼクティブで落ち着いたビジネスライクな雰囲気のあるソファーセットや応接セット、社長室などのインテリア用品ということですね。

    コルビジェのLC2などのソファに代表されるような黒革とスチール・フレームのソファのデザインの作品なんかを思い浮かべてみると判ると思います。

    今ではハーマンミラーやカッシーナのような高級品ばかりでなく、合成皮革製のリプロダクト家具などで安価なデザイナーズ家具ものも多数ありますので、数年前に比べて個人宅やモダン・モノトーン調の部屋などにインテリアのひとつとして気軽に購入することができるようになってきました。

    コルビジェのソファー(LC2など)を筆頭に、本物のサイズや本革、クロームメッキなど素材を限りなく忠実に再現したものから合成皮革を使ったりクッション材を廉価なものを取り入れて価格を抑えたもの、新素材を使って機能性をアップさせたものなど、逆に現在のインテリア、住宅事情に合わせて改良されたものなどリプロダクト製品では幅広い選択肢の中からご自分の予算や使用目的にあった一品が選べるようになってきました。

    しかし、中にはリプロダクト家具とは到底呼べないような粗悪な材質を使ったりや製法をしたレプリカ品やコピー品などもありますので注意が必要です。

    ル・コルビジェのソファなどのリプロダクトを選ぶ際はショップごとに品質や素材に違いがありますので、色々なショップを比較して素材や価格を見てから買うようにしましょう。

    価格だけにとらわれていると、「こんなはずじゃなかったのに」みたいなことになるかもしれませんよ。
    コルビジェ lc2 白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ソファ | トラ(-) | コメ(-)

    コルビジェのソファにオットマンは必要か

    コルビジェのソファーにオットマンは必要でしょうか?

    コルビジェのlc2などのデザインと背もたれや椅子の座面の角度から考えると私はオットマンは不要ではないかと考えます。

    ラグジュアリーチェアというよりは、オフィスの打ち合わせスペースや、客間、応接間に向くのがコルビジェのlc2ソファーだと思うからです。

    特に日本の住宅では靴を脱ぐ習慣となっている生活様式なので、オフィス家具として履物を履いたシーンや場所ではまず不要だと思います。

    オットマン付きは自宅のリビングなどのリラックススペースに置くソファにするものですよね。

    ホワイトはまだしも黒となるとベンチタイプを選ぶならまだしもコルビジェのlc2にオットマンは要らないでしょう。

    そう思うのは私だけ・・・
    でも独身男性のシックやモダンなインテリアに合わせて購入するなら欲しいかもしれませんね。

    客間とリビングとが分かれているお部屋というのは日本の住宅事情を考えると多数派とは言えないので難しいところです。

    それでもコルビジェのlc2はリプロダクト家具で良いので、カッシーナでなくても欲しいですね。
    コルビジェ lc2 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    コルビジェのlc2ソファ

    コルビジェのlc2ソファのリプロダクト家具には1p、2p、3pがオリジナル・デザインと同様に製造されています。

    本物と同じくイタリア製の本革とステンレスフレームを使用したものから、合製皮革やスチールフレームを使用したものまで様々な材質や価格帯のコルビジェのlc2が家具メーカーやネットショップなど様々な家具屋さんで販売されています。

    黒(ブラック)、白(ホワイト)をはじめ赤、ベージュなどオリジナル以外の色もあり、コルビジェlc2ソファのリプロダクト人気の高さがこれらの材質・カラーなどの種類の多さからもうかがい知れますね。

    このソファの日本の建築物と相性が良いと思える最大の特徴は、マンションサイズにぴったりな大きさのコルビジェのlc2はオフィスや自宅使用を選ばないのでミッドセンチュリー家具の中でも日本で最もファンの多いソファーのひとつと言えるでしょう。

    角ばったシンプルフォルムが、余分なスペースの少ない我々の住宅事情に合います。

    またシンプルなデザインのlc2はインテリアとの調和性も高くどんなコーヒーテーブルと合わせてもお部屋のイメージを崩さずにコーディネイト出来るでしょう。

    床や壁やその他のファブリックと合わせたlc2を皆さんのイメージに合わせて選ぶと良いでしょう。
    コルビジェ lc2 黒
    コルビジェ lc2 白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ソファ | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。