コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    コルビジェのダイニングテーブルのLC6とLC10

    ル コルビジェのダイニングテーブルには、さっと思い付くところでLC6とLC10があると思います。

    LC6とLC10のル コルビジェのダイニングテーブルは共に天版がガラスになっているガラステーブルです。

    LC6は主にファミリーユースに向いている、4~6人程度のダイニングテーブルで、使用する人数や、部屋の大きさ(スペース)や間取りによって、数タイプのサイズが用意されています。

    LC10はどちらかというとキッチンテーブル?で夫婦世帯か単身者くらいに向いている2人~無理をすれば4人で使えるサイズになっています。

    共に、カッシーナなどのコルビジェのリプロダクト家具を製作・販売している大手のメーカーにオーダー家具として発注すれば、独自の寸法のオリジナル家具を注文することもできます。
    (但し、自宅(手元)に届くまでには約2カ月~半年程度の期間を待つ必要があることと、購入価格もそれなりになってしまいますが・・・)

    コルビジェのインテリアはソファーやチェア(椅子)などの他のアイテムとともにこれらのダイニングテーブルも下記の写真を見ていただいて判るようにLC10、LC6もまさしく非常にシンプルなデザインとなっておりますので、ナチュラル系~シンプル系~モダン系などのお家の方など、幅広い方に合うと思います。

    通常、どこのリプロダクト製品を選ばれても、天版につかわれているガラステーブル面は約180度くらいの耐熱性のあるガラスを使っているので、ちょっと熱いポットやカップなどを置いた程度では、木製のダイニングテーブルほど気を使わなくて良いと思います。

    ただし、ガラスなので天版重量がサイズにもよりますが数十キロていどになりますので、搬入・設置・移動はひとりではなかなかできないでしょう。

    大きさが大きくなればなるほど、ご自分一人では移動させることが難しくなりますね。

    ネット通販やオークションなどで購入される場合は価格だけでなく、この辺の事についても考慮された上でよく考えてから購入するようにしてくださいね。
    コルビジェのLC6ダイニングテーブルの側面画像
    コルビジェのLC10ダイニングテーブルの側面画像
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサーサイト
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イサムノグチのコーヒーテーブル

    イサムノグチのコーヒーテーブルはノグチテーブルとも呼ばれるくらい彼の作品の中でも代表的な家具(ガラステーブル)の一つとして非常に有名なインテリアです。

    リプロダクト家具でもイサムノグチのコーヒーテーブルは多くのネットショップや住宅展示場、モデルルームさらには雑誌などでもよく皆さんも見かけると思います。

    ガラスの天板とシンプルな脚台の組み合わせをガラステーブルのカットだけでデザインした作品はインテリアとしても非常に完成度の高いコーヒーテーブルになっています。

    イサムノグチのコーヒーテーブルは本物で19mmもあるガラスが重たいことで脚とのジョイントなしでも安定して使用できることと、三点支持によるガタつきが絶対に起きないことという実用面でも非常に考えられたテーブルなんですね。

    リプロダクト家具では価格を安くする為に板厚を16mmとかにしているものもありますが、安定感からみると、強化ガラス・19mmというものが絶対に良いです。

    イサムノグチのコーヒーテーブルはリプロダクト家具としても3~10万円くらいの範囲で通販などでも販売されています。

    価格の違いはやはりガラス部の違いと脚部のジョイント形状によるものもありますが、各店舗ごとの都合による部分も大きいような気がします。

    ガラステーブルから透けて見える脚部の色を黒、白、赤、木目など選ぶことで色々なインテリアに合わせることができるのもイサムノグチのコーヒーテーブルの良いところですね。
    イサムノグチ コーヒーテーブル
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    コーヒーテーブル | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。