コルビジェ・イームズなどリプロダクト家具

イームズやコルビジェなどリプロダクト家具、ジェネリック家具と呼ばれるミッドセンチュリー家具の通販紹介。コルビジェやイームズ、ハーマンミラーやイサムノグチといったデザイナーズ家具を解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサー広告 | トラ(-) | コメ(-)

    デザイナーズ家具の傷

    新品のデザイナーズ家具の傷でお困りなのは、まずは購入した我々、そして販売している家具屋さん。

    両者とも、インテリア、とりわけデザイナーズ家具などの高級品の購入・販売した時のことです。

    地元のインテリアショップで買った場合なら、自社の運送便で家具屋の社員さんが持ってきてくれる場合もありますが、通信販売やネットショップ、ネットオークションなどで購入した場合、大方のケースで運送屋さんが持ってきていると思います。

    すると、せっかく手に入れたイームズやコルビジェといったデザイナーズ家具が、箱を開けてみると「傷が付いていた」なんてことが結構な頻度であるようです。

    ミッドセンチュリー家具の本物は、まず国内で生産されていないので、代品の在庫があればよいのですが、無い場合や、傷を修理するにしても、とても時間がかかります。

    ソファーや椅子、テーブルの傷については、そもそもが実用品なので人それぞれ、許容範囲が異なりますが、海外のメーカーによると「日本人が最も細かいところまでチェックする」とのこと。

    その為、日本向けの輸出を嫌がるメーカーもあるのだとか。

    まあ、それは置いておいて、実際、この問題についてはお客である我々だけでなく、売っている家具屋さんも頭が痛いそうです。

    小さな傷ひとつで、高級なソファーが二束三文になってしまうそうで、それを見越した価格となると、どうしても高くせざる負えないのだそうです。

    また、逆に安く販売しているネットショップやネットオークションなどの場合は、「価格に見合った範囲」でしか対応してもらえません。

    このあたりのバランスの判断が難しいのですが、物が大きいだけに動かすコストも馬鹿にならないのだそうです。

    では、実際に傷の付いている家具が届けられた場合、私の個人的な考えですが、

    <OK>→「目に付きにくいところ」、「一回使用すれば傷が付く部分」に関しては問題なし

    <NG>→目立つ部分の傷の場合は交換か修理を店と相談。
         使用に問題のある傷や不具合のある場合は交換。

    といった感じの基準で行っています。

    これって優しすぎるのかな?

    でも、新品の本物のイームズやコルビジェを、国内の正規代理店から買うだけの予算が無いので、保障のばっちり付いた製品は無理があるのが実情です。

    ゴネても時間と体力、コスト的な問題から考えて、合わない場合が多いような気がしています。

    「だったら、正規品を定価で買えよ!」

    と言われるとお手上げですから、妥当な所で手打ちにするようにしています。

    これが、中古品になると同じものが2個と無い世界なので、もっと複雑です。

    デザイナーズ家具を買う時の私なりの心得でした。笑。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    スポンサーサイト
    ソファ | トラ(-) | コメ(-)

    リプロダクト家具の生産国

    デザイナーズ家具のリプロダクト製品の大部分が中国で製造されていますが、一部、日本をはじめヨーロッパ、アメリカなどでも作られています。

    私個人としてはリプロダクトのソファーなどの品質だけ見ると、仕上げや全体的な評価としては日本製が良いように思います。

    革製品(総革張りのソファーなど)に関しては、好みは分かれますがイタリア製の家具が質感的には優れていますが、日本人の好み(細かい部分の品質や仕上げ、アフターケアなど)を考えますとやはり国産になるのかな~という感じです。

    但し、やはり価格の問題ですね。中国製の3倍~5倍程度の製品が多いんです。(汗)

    コルビジェ、イームズ、ジョージネルソン、イサムノグチ・・・・・
    バルセロナチェア、LC2ソファ、ノグチテーブル、イームズのラウンジチェアなどで価格調査をしましたが、大体、どのオークションやデザイナーズ家具屋のネットショップでもそんなところでした。

    本来なら、本物が欲しいところですが、現物を見て傷み具合やコンディションを確認した上で、後々のメンテナンスや修理を考えると、とてもじゃないが予算を超えてしまうんですよね。

    中古家具は結構、後々、手間と費用が掛かります。

    そこで、リプロダクト家具の新品という選択肢になってしまいます。
    (カッシーナとかも良いのですが、この会社も将来的な部分で不安感もありますし。笑)
    ちなみにカッシーナのイタリア本国のサイトでは一切、家具の値段が掲載されていませんでした。(言葉が良くわからないので多分ですが)

    ほとんど全てがオーダー注文ということでしょう。

    自分で好みの皮や生地を選んでフルオーダーで作成してもらい、約3か月後~手元に届くというスタイルのようです。

    高額な買い物ですので、ネットで注文というわけにはいきませんね。

    実際に行って好きなデザイナーのリプロダクト家具を一式揃える気で選んで購入する方向きだと思いました。

    それならカッシーナジャパンで買うより、渡航費を払っても納得できるものが安く買えるそうです。

    まあ、私はまだまだ中国製のコルビジェやイームズの質の良いものを探して買うことになりそうですね。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    円高還元?デフレ?

    コルビジェlc2やイームズなどのリプロダクト家具もニトリやイケア(IKEA)など中国からの格安輸入家具店のブームに影響されて?か、値下がりしているネットショップさんが多くなってきましたね。

    もうすぐ所謂、引っ越しの季節です。

    コルビジェやイームズなどの取り扱いのあるリプロダクト家具屋さんも稼ぎ時なんでしょう。笑

    カッシーナなどのイタリア家具や、本物の中古家具は判りませんが、デザイナーズ家具のほとんどがメイドイン・チャイナで製造されています。

    日本製のコルビジェやイームズ、ジョージ・ネルソンやイサム・ノグチは本当に少量ですので、今後、世界的に多量に販売されることも無いと思われます。

    そこで、今、ネット通販(ネットショップやネットオークション)、町の家具屋さんで販売されている、これらのリプロダクト家具ですが、値上がりしてくる可能性があります。

    日本のデフレは進んでいますが、今後は品質を犠牲にしたものになるでしょう。

    デザイナーズ家具は使用する材料(木製品、皮革製品など)価格の高騰が予想されますし、そもそも製造工程で手作業が多いため、これまでのような中国の安い工賃で作るという仕組みが壊れてくるからです。

    あくまでも私見ですが、中国国内の人件費の高騰や、今年中に中国元の切り上げが行われるといった現状からみると、今が価格の底値の時期ではないかと考えています。

    つまり、コルビジェやイームズなどのリプロダクト家具を購入するなら、
    品質が維持されていて、価格が安いのは今ではないか、買い時ではないかと思っています。

    リプロダクト家具も日本の景気や世界経済の波に飲み込まれているようです。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのCTWコーヒーテーブル

    イームズのCTWコーヒーテーブルについて書いてみたいと思います。

    以前、イームズのLCWプライウッド・チェアについては書いたことがありましたので、セットになっているCTWコーヒーテーブル(持っていないけど)についてが抜けているのも片手落ちみたいなんで。

    CTWコーヒーテーブルも、LCWと同様にイームズのプライウッド加工技術により制作された木製のテーブルです。

    一見、日本のちゃぶ台???みたいな感じのシンプルな円形のコーヒーテーブルなんですが、そこはプライウッド加工のなせる技、天板面に施された微妙な円形の段差のシルエットや横から見た時の、脚部のアールなどがやはり美しさを表現しているところからもイームズらしさを感じるデザイナーズ家具です。

    もちろんCTWもリプロダクト家具が各メーカーから製作・販売されています。

    プライウッド製品に関して私が気を付けていることは、木目の出方や色目です。

    例えばCTWとLCWを買うなら、一気に同じメーカーで購入するということ。

    なぜなら、これらのような椅子やテーブルはセットで購入しないと自然の木目を使っている家具なので色目が揃わないからなんです。

    ナチュラルウッド系(例えば北欧家具などもそうですが)の家具をリプロダクトに限らず揃える場合、一度に全てを揃えないとどうしてもズレてしまうんですよね。

    ですから、イームズのTWもしくはLCWを買われるときは(もしくは後日、そろえようと思っている方は)、思い切って一度に必要な数量とアイテムを揃えて購入されることをおすすjめします。

    (ということでなかなか一気に揃えることができない私は革製品や塗装のある家具を購入することが多いんです。)
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアのサイズ

    イームズのラウンジチェアのカタログでの各寸法(サイズ)は、およそ幅:83cm、奥行き:84cm、高さ:82cm、座面高さ:39cm、オットマンは幅:64cm、奥行き:53cm、高さ:43cmとされています。

    インテリアとしての雰囲気が社長椅子見たいなデザインに見えることと、一人掛けのラグジュアリーチェアを使用する習慣が日本では少ないことから、イームずのラウンジチェアをデスクワークに使いたいと考えている方も多いようです。

    しかし私の知る限り、イームズのラウンジチェアとオットマンはリプロダクト(ジェネリック)家具、本物(オリジナル)ともに椅子の高さ調整は出来ません。
    (中には出来る機能を付けたものを作っているメーカーがあるかもしれませんが)

    ですからやはりデスクワーク用の椅子としては机と自分の体格などの調整をして仕事のしやすい姿勢を作るのは難しいチェアだと思います。

    また、背もたれ・座面の角度がかなり後ろ向きに傾斜していることも前傾姿勢が必要な事務作業には向いていないでしょう。

    イームズのラウンジチェアはオットマンがあることからも判るように、あくまでもラグジュアリーチェアとしてゆったりと読書をしたり、音楽を聴いたりする時に座るためのインテリア家具になります。

    住宅事情の違いもさることながら一般的に良く言われることですが、椅子の文化の浅い我々と異なり、椅子文化の発達した国では目的に合わせて一番快適に座れるように細かくシーン分けされて作られていますね。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    デザイナーズ家具

    デザイナーズ家具と聞いて、皆さんはどのようなインテリア・デザイナーを思い浮かべますか?

    私はこのブログのタイトルどおり、ミッドセンチュリー家具の大御所であるイームズとコルビジェが一番最初に思い浮かんで来ます。

    彼等の作品には一番アメリカが良かった時代のエネルギーと自由さを感じる方が多いのかもしれませんが、私はもっと単純に良く見たことがあるから、親しみを持っているということです。

    しかし、最近になって急に流行したデザイナーズ家具ではないので、それなりに持っている人は居るでしょうが、長い歴史の中で日本だけでなく世界中で愛用者が増えてきたソファーや椅子、テーブルなので造り込まれているが安っぽくないのがお気に入りなんです。

    ほとんどのデザイナーズ家具がオリジナルしか無くて、庶民にとって高嶺の花のような値段がするなかで、リプロダクト家具や、中古家具、輸入家具と本当に広い選択肢の中から自分の予算や目的にあわせて質の高い商品が選べるのがイームズとコルビジェを筆頭としたノグチ・イサムやジョージ・ネルソン、ミース・ファン・デ・ローエなどのミッドセンチュリー家具なんです。

    インテリアショップを隈なく探して貰えばわかると思いますが、同デザインでこれだけ色々な素材や価格帯、アレンジされた色のあるデザイナーズ家具は彼等の作品くらいでしか見当たらないと思います。

    私の中での家具はデザインと価格と実用性の三つが揃って初めて価値があるものと考えています。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアのリプロダクト家具

    イームズのラウンジチェアはリプロダクト家具の中でも値段の高い椅子のひとつです。

    コルビジェのソファーなどは安いものから本物に近い価格のものまで本当に幅広い値段のものから選択できるのですが、イームズのラウンジチェアは価格帯の幅が結構狭いようです。

    この椅子の購入者層が、ソファーなどよりも限られているからだと思われますが、良い椅子なんでもっと購入時に比較、検討できるだけの種類が増えてくれるとありがたいのですが。

    インテリアショップや家具屋さんに行ってもソファーのコーナーのほうがラグジュアリーチェアより圧倒的に広いスペースで展示されていることから見ても仕方がないのかもしれませんね。

    イームズやコルビジェなどのリプロダクト家具を購入する時にソファや椅子の手入れを考えると本革にするか、pvにする方が良いか迷いますよね。

    本来ならば本革の方が高級感のおある質感や、座った時の感触もさることながら、きちんと皮張りの手入れをすれば長持ちすることは間違いないのですが、購入されたコルビやジェイームズのリプロダクト家具の使用環境や目的によっては合成皮革の方が便利で向いている場合もあると思います。

    その場合は固く絞ったタオルなどで汚れた部分を優しく擦ってあげるといった手入れで簡単にケア出来ます。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    ミッドセンチュリー家具2

    ミッドセンチュリー家具の良いところのひとつに、いつまでも飽きが来にくいということと、使い勝手良いということが挙げられるのではないでしょうか。

    長年、愛され続けている、プライウッドやラウンジチェアのイームズや、lc4シェーズロング、lc2ソファのコルビジェや、マシュマロソファのジョージネルソンや、ノグチテーブルのイサムノグチ、バルセロナチェアのミースファンデローエなどはミッドセンチュリー家具の代表的なインテリアデザイナーですが、デザイナーズ家具としての見た目の良さだけでなく、全て実用性面でも非常に高いレベルでの完成度があるからこそ評価されているのです。

    家具は椅子にしてもソファーにしてもテーブルも全て座る、置くなど明確な役割を持った使用目的のある生活用品です。

    ですから家具類は実用品として逃れられないデザイン的な制約の中で作られています。

    だからこそ本当に価値のあるデザイナーズ家具は少ないのです。

    ミッドセンチュリー家具にはこのインテリア家具としての美しさと快適さを併せ持ったものが数多くある本当に稀有なる存在なのです。

    リプロダクトも含め、現在にまで作り続けられているミッドセンチュリー家具は例外なくこの二つの要素を満足させているインテリアのみが残っているから、ファンが付いているのだと思います。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズの椅子に

    イームズの椅子には工業化とデザインの流れの中で作品の変化を感じると思います。

    初期のイームズの椅子のテーマはミッドセンチュリーの時に一般化が後押しされだしたプライウッドや合成樹脂(プラスチック)などそれまで家具に使われていなかった素材を使って、さらに大量生産に向くことを目的として作られていたように思います。

    LCWチェアやシェルチェアなどがこれにあたります。

    しかし、次第に当時の新素材へのチャレンジから、本革、プライウッド、プラスチック、金属などそれぞれの材質の部品を組み合わせてポップなデザインから高級感のある椅子へと方向性が変わってきたのではないでしょうか。

    例えばイームズのラウンジチェアとオットマンなどはラグジュアリーチェアとしての存在感と質感を出すために「本革+プライウッド+金属」といった作品になっています。

    丁度、アメリカが世界恐慌から立ち直るのにつれ、家具(特に椅子)や住宅、インテリアに対する要望の変化を的確にとらえられた作品だったということでしょうか。

    イームズの椅子のデザイン・コンセプトの作成時期による変遷を見ていると他の多くのデザイナーズ家具以上に敏感に時代の要望に応えながら作成されていたように思います。

    この様に一人の巨匠のデザイナーズ家具の歴史を時系列で見てみるのも面白い発見がありそうですね。
    イームズlcwチェアのリプロダクト家具
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    リプロダクト家具 | トラ(-) | コメ(-)

    輸入家具の

    リプロダクト家具とレプリカの家具、コピー品などとのそれぞれとの違いとは、一体何でしょうか?

    リプロダクト家具は、デザイナーやメーカーの版権が切れたモノを作製することですので、法的にも問題ない製品です。

    一方、家具だけに関わらずコピー品は権利関係を無視した中で作られていますので著作権や意匠登録などの点でもダメですね。

    今やインテリア関係の多くが中国製の輸入家具になっています。(良くも悪くもという意味でです。)

    一昔前と異なり、職人の技術はかなり上がっていますので問題なく使用できるのですが、これもインテリア専門のバイヤーがデザインや仕様、品質などについてきちんとプロの目で目利きをしている場合にのみ言えることです。

    また、輸入家具は品質だけでなく個人では判りにくい部分も色々とあるのです。

    ですから、個人で安く輸入家具を買うというのも良い方法のひとつだとは思いますが、コピーやレプリカの場合、最悪のケースではお金は払ったけど、リプロダクト家具のようにきちんと意匠権が切れているもの以外のデザイナーズ家具などでは税関で商品を止められて手元に届かない可能性もあります。

    また、オーダー家具なら仕方ありませんが、数量が少ない場合輸送コストが思ったよりも割高に付いてしまいます。

    輸入家具はそういった意味でもコルビジェやイームズなどのリプロダクト家具をショップで買うことの方が安心と安くあげることになる場合が多いでしょう。

    実際に現地に見に行って、買い付けに行ける方で、送料とかを気にされない、
    そしてコピーやレプリカの問題が無いかを確認出来ているならならデザイナーズ家具の個人輸入もアリだと思いますが、結構難しいでしょうね。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズの椅子

    イームズ夫妻(チャールズとレイ)は`50年代の代表的な家具デザイナーですが、彼らが最初に手掛けたのはロッキングチェアを友人の赤ちゃんのために作ったことから始ったといわれています。

    アウトドアでも使えるアルミ製の椅子が好評でハーマンミラー社の家具を製作するようになり、数多くの名作・名品を作りだして世界中に認められるきっかけとなったのです。。

    イームズのデザインは洗練されたデザインと大量生産できることをポリシーとしてLCWなどのプライウッドチェアや組み合わせて作られたラウンジチェア、ファイバーグラスを使ったシェルチェアなどがあります。

    これらの椅子は今でもリプロダクト家具としてハーマンミラーやカッシーナを始め色々なリプロダクト家具メーカーで作り続けられています。

    この様なアメリカのカリフォルニアを中心として活躍したイームズやジョージ・ネルソン、日系のイサム・ノグチ・・・といった面々はコンテンポラリー家具デザイナーと呼ばれることもあります。

    また以前にも書きましたがソファやチェアといった椅子で革新的な作品が多数できた理由の一つとして当時のアメリカの繁栄によって「リビングでリラックスできる椅子でくつろぐ」という生活スタイルが広がりだしたことが挙げられます。

    一般市民がイームズやジョージネルソンといった個性的なデザイナーズ家具を自分の好みに合わせて選択して、色々な価格帯で購入できる時代になってきたのです。

    イームズの「デザイン性が高く、新素材を使った大量生産できる椅子」というコンセプトがまさしく受け入れられやすい状況だったのでしょう。

    このリビングに対するインテリアの流れが現在に至るまで脈々と継続したライフスタイルとして、家づくりや内装デザインとそこに置かれる家具類にまで受け継がれているのです。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    ミッドセンチュリー家具

    イームズやコルビジェ、ネルソンなどリプロダクト家具として取り上げられることが多いミッドセンチュリー家具の時代をデザインの上では「グッド・デザイン」の時代と呼ばれたりします。

    バウハウス達の思いをニューヨーク近代美術館、ロンドンのデザイン・カウンシル、ウルムの造形大学などを中心に人間工学などを取り入れた機能的を考えた家具や建築のデザインの潮流となっていったようです。

    この中でアメリカではイームズなどの現在では圧倒的な知名度を誇るミッドセンチュリー家具を代表するデザイナーがMoMAのディスプレーを担当することから頭角を現してきたんですね。

    イームズのほか、コルビジェやジョージネルソンなどを抱えたハーマンミラー社も同様にこのミッドセンチュリー家具を代表する家具メーカーとして有名になり、今もなお彼らの作品の製作と販売を続けています。

    日本の松坂屋でも1955年にグッド・デザイン・コーナーが出来たり、国立近代美術館でも1957年に二十世紀デザイン展が開かれたりと世界的な影響を与えていたようです。

    この様な背景の中で今も多くのファンを持つ、イームズのラウンジチェアやLCWなどのプライウッドチェア、コルビジェのlc2ソファやシェーズロング、バルセロナチェア、イサムノグチのコーヒーテーブル、ネルソンのマシュマロソファーなど、グッドデザインの時代を象徴するような数々の名品と呼ばれ今なお人気の高いミッドセンチュリー家具が生まれてきたのです。
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアの雑学

    イームズのラウンジチェアとオットマンの座面と背もたれは、実は全て同じ大きさのクッションを部品として作られています。

    当初、イームズは組み立て式でラウンジチェアを作っていたので互換性を考えていたんですね。

    家具の工業化を考えていた当時の時代の要求と、イームズのデザインの方向性や考え方をこのラウンジチェアでもクッションの共用やプライウッドの使用という点でちゃんと継承されていたんですね。

    高級感があるラグジュアリー感たっぷりのエグゼクティブ・チェアでも、彼が作ると、プライウッドと本革を合わせたところなんかではイームズらしいデザインの椅子だと言えるでしょう。

    リプロダクト家具以外でもイームズのラウンジチェアを模倣したデザインの椅子も多く出ていることから普遍性を持った合理的な美しさの基準のチェアとなっているものでしょう。

    オリジナルではローズウッド材を使用していましたが環境への配慮からウォールナットやチェリー材が使用されるようになっています。

    ハイグレードなラウンジチェアとオットマンとして探している方にはイームズはおススメですね。
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
    イームズ ラウンジチェア オットマン ホワイト白
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのLCW

    LCWはイームズのチェアの代表作のひとつ、プライウッドをなめらかに加工して作った、デザイン的な見た目も、座った時の人にも優しい木製の椅子です。

    くつろぐための椅子として作られたLCW、LCMの方がDCW、DCMに比べて座面までの高さが低くなっていますし、材質的な雰囲気を楽しむならこの中でもLCWがお勧めです。

    イームズがLCWを作った当時、つまりミッドセンチュリーと呼ばれる時代では、プライウッド(合板)を3次元に大量成型する加工技術が課題とされていました。

    現在でこそ、プライウッドの成型は一般的な加工になりましたが、巨匠イームズのデザイナーズ家具が当時目標としていたデザインと工業化の実現を目指した作品ならではと言っていいでしょう。

    リプロダクト家具としても各メーカーや通販ショップなどから工夫を凝らした色々なカラーで出ていますね。

    イームズのLCWにはチェリー、ナチュラルを始めとした木目を前面に打ち出したナチュラル感のあるものと、黒、白だけでなく赤、グリーンといったカラフルなものもありますが、美しい曲線のおかげでしょうか、自然素材の雰囲気が損なわれることのないデザイナーズ家具として仕上がっています。

    深くゆっくりと掛けられて脚部まで木を使ってるLCWチェアがやはりこのシリーズの中では一番のお勧めの椅子だと思います。
    イームズlcwチェアのリプロダクト家具
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    イームズのラウンジチェアとオットマン

    イームズのラウンジチェアとオットマンはプライウッドと本革を組み合わせた、イームズには珍しく高級感のあるラグジュアリーチェアの代表的な作品のひとつです。

    黒革+チェリーウッドや白革+ナチュラルカラーなどの素材色の組み合わせに人気があるようですね。

    イームズのラウンジチェアとオットマンは、どちらかと言えば男性向けのデザイナーズ家具としてのラウンジチェアで書斎等のインテリアとして似合うイメージがありますが、リプロダクト家具でなら見ることが多いホワイトなんかだと女性の部屋にも違和感が無いと思います。

    最近のはやりのオフィスチェアとはデザインの趣向が異なりますがエグぜクティブ・チェア(社長椅子?)としてイームズのラウンジチェアを家具に取り入れてみると英字新聞とかがデスクの上にあってもマッチしそうですね。

    事務作業をするには背もたれと座面の角度が寝過ぎていますので、デスクワーク用の椅子というよりは、本棚の前あたりにさりげなく置いているのが似合いそうです。

    ハーマンミラー社の本物以外にもイタリアのカッシーナをはじめ中国などからの輸入家具としても、イームズのリプロダクト家具を取り扱っているショップで色々な種類のラウンジチェアとオットマンが販売されています。
    イームズ ラウンジチェア オットマン ホワイト白
    イームズ ラウンジチェア オットマン 黒
  • コルビジェやイームズのリプロダクト家具通販ショップ
  • ソファやラウンジチェアとオットマン、コーヒーテーブルなどを販売しています。イタリア製本革を使用するなどリプロダクト家具として本物やカッシーナに匹敵する品質はレプリカとは一線を画したインテリア通販ショップです。
    ラウンジチェア&オットマン | トラ(-) | コメ(-)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。